スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛県南宇和郡愛南町城辺地区の秋祭り

私の住む愛南町(城辺地区)は,毎年11月3日がお祭りです。

唐獅子が町内を回ってきます。
少し,奉納の動画をとってみました。

中組のムービーは,こちら

下組みのムービーは,こちら

私の弟も若い頃,中に入ってやっていました。

とっても,大変みたいです。皆様練習に,本番にお疲れ様です。
スポンサーサイト

東京から・・・

11月4日(火曜日)は,東京都渋谷区開業の小林先生が見学にやって来られました!

あまりの地域格差にびっくりしたのでは,と思いましたが色々アドバイスももらい有意義な1日を過ごせました。小林先生ありがとうございました。今度は自分が,渋谷を訪問したいと思います。
その時は,よろしくお願いします。


そして,見学の感想記までよせていただいたので,ご紹介します。

以下転載です。

たかはし歯科を訪れて
東京都渋谷区開業 歯科医師 小林 誠
去る11月4日(火)、縁あって「たかはし歯科」を訪れる機会をいただいた。
前泊していた松山を発ったのが7時前。
宇和島でバスに乗り換え、10時頃ようや城辺に着いた。
JRの車窓からは、柿や柑橘類が実っている山々を、バスからは、穏やかな宇和海で真珠の養殖いかだを眺めながら、果たして、こんな地方で、まともな歯科診療が行われているのだろうか・・・と本心から危惧していた。
バスを下り、商店街を抜け、間もなく「たかはし歯科」に到着した。
連休明けということもあり、待合室には、何人もの患者さまがお待ちになっていた。
地方の診療所に時折見られる光景で、「おいおい、流れ作業かよぉ?」と私@小林の心配のボルテージは一気に昇華した。
程なく中に通され、診療風景を当日の診療終了まで見学させていただいた。

瞬時にして、心配は杞憂と化した。
兎にも角にも、スタッフの動きが良い。
全てのスタッフが、今、何をすれば良いかをきちんと理解した上でキビキビと動いている。
昨今、KY(空気が読めない)という人種も多いが、「たかはし歯科」では、全く逆である。
しかも、一日中笑顔を絶やさない・・・言うのは簡単だが、実際には、なかなか出来るものではない・・・いやぁ素晴らしい。
高橋先生のご診療も然り。
お一人お一人に全力投球している。
東京で診療所を開業していると、全国各地からの上京者を拝見することも多いが、残念ながら事実として、地方での診療レベルは悲惨なことが殆んどだと言っても過言ではない。
しかしながら、当初心配していた「たかはし歯科」の治療のレベルは、全国、いや世界中どこへ行っても通用すると私@小林は太鼓判を押したい。
ひとえに、高橋先生の絶えることのない日々の研鑽の賜物と思われる。
保険外の診療とて、高い治療水準がキープ出来ている中、QOL(クォリティ・オブ・ライフ=どれだけ楽しい食生活を過ごせるか)を考えると、決して高価なものではないと断言する。
近頃、内外装に凝ったり、中には送迎サービスをも行う診療所も多い中、診療内容そのもので直球勝負していることは、まさに尊敬に値する。

「たかはし歯科」の特化していることは・・・
まず、説明が丁寧なことだろう。
高橋先生による状態の説明はモチロンのこと、多くの説明ツール、何より「トリートメント・コーディネーター」が、患者さまの立場に立って、わかり易くかみ砕いて話してくれる。
逆に、高橋先生に直接言い難いことも、聞いてくれるハズだ。
気になることは、何でもブツケテみたら良いと思う。
そして、トレーニングされたスーパー歯科衛生士さんの存在だ。
予防を考える「日本ヘルスケア歯科研究会」に認定されている彼女は、通院される患者さまのデータに裏打ちされたブラッシング法をはじめ、食生活の習慣など、あらゆる相談に乗ってくれるハズだ。
さて、この「日本ヘルスケア歯科研究会」だが、悪くなってから歯を削ったり入れ歯をいれるこれまでの歯科治療ではなく、健康を守り育て、発症前に病気をコントロールする歯科医療を普及させるため、研究・研修、制度や環境の整備、啓蒙活動を行っている団体。
いわゆる悪徳診療所とは全く無縁・・・高橋先生と私@小林の共通事項がココにある。

ところで、今後の「たかはし歯科」の課題は、メインテナンスの定着化だろうか。
お口の中は、確実に修復しても、そのまま放置しておくと、日々の生活の中で、汚れ、そして壊れていく。
それを、食い止めることができる唯一の手段がプロによる「メインテナンス」だ。
悪くなった時や、思い出した時にだけ通院するのでは、従来からある診療所と何ら変わることがない。
また、自分流のホームケアだけで、ご自身の体を大切に出来ることなど、絶対にあり得ない。
折角、世界水準である「たかはし歯科」のことを知ったのなら、正しい利用をしない手はない。
治療が一段落した所こそがスタート地点であり、納得する説明を受けた上で、数ヶ月毎の「メインテナンス」に通院すること・・・これが患者さま側から出来る、一見遠回りで実は最短距離の「予防法」といっても間違いではない。

もし、私@小林が四国在住だったら、是非、ホームドクターとして、一生のお付き合いをお願いしたいと心から思う。
これからの「たかはし歯科」に大いに期待したい。

愛南町介護予防事業に参加してきました

10月2日の午前中に愛南町の介護予防事業(口の中のこと担当)に参加してきました。

ごきげん写真


皆さん熱心に話を聞いていただき,ありがとうございました。
あっという間の2時間でした(えっ,もうお昼?という感じで)。


元気で長生きするために口の中をきれいにすることは,とても大切なことの一つなんです。
機会があったら,高橋の話も聞いてみてください。(損はさせませんよー!)


サポートしていただいた,愛南町地域包括支援センターの皆さんありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。