スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムカム通信編集中

院長の高橋です。

現在,院内新聞のカムカム通信の編集中です。
もうすぐ出来上がるので,お待ちください。

先日,患者さんで
「カムカム通信には,いいことが
たくさん書いてあるから,過去のも読みたいなあ。」

と言ってくれる方がおられました。

作っている側としては,とても嬉しい限りです。

口のことを通して,関わる皆さんを応援していけたら

というテーマを持ちながら,スタッフ皆で作っています。

読んだ感想など,来た時に教えてもらえたらと思っています。



スポンサーサイト

入れ歯の話

皆さん こんにちは!
院長の高橋です。

今回は,入れ歯の話など。

入れ歯は,ぴったり合っていたら噛めるように
なるものでは無い

歯医者は思っています。そうなんです。それを普段から説明しているのですが,
患者さんに,はなかなか分かってもらえない項目の一つです。

それはどうしてか?

入れ歯は,食べるために使う物なので,噛む力が常にかかります。
そこが重要なカギなんです。

まず,顎の力は,とても強い!
皆さんの想像以上に強いです。例えば,小児において腕の力なんて
大人にとって大したことないと思うのですが,子供でも指を噛まれたりした
飛びあがる程痛いはずです。

そして,噛む力には個人差があります。
強い力で噛む習慣がある人は,入れ歯を支える歯ぐきが悲鳴をあげます。
歯ぐきで支えることができるぐらいの力で噛む必要があります。
加減も大事になってきます。

それゆえ,それぞれの顎の状況,入れ歯の状態にあった力で使いこなさないと
上手に噛めないという側面があります。

まとめると,調整するだけでもダメだし,
慣れようとするだけでもダメなんです。
その辺は,状況を理解して一緒に使えるものに
していくことが大事になってきます。


こちらからも話をしますが,皆さんもいつでも聞いてください。
そして,より良いものにしていきましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。